新着情報

■職場体験学習を引き受けました。

2013年05月13日

 今年も、山口市立宮野中学校から2年生の男子生徒5名が職場体験学習にやってきました。「やまぐち教育応援団」に登録していることから当社を選んでいただいたもので、今回で3年連続になります。
1日目は葭谷社長の挨拶 阿寿賀副社長の歓迎の言葉の後、研修センターで座学「プロの清掃とは」、午後からは清掃作業の実技研修を行いました。
2日目は宮野中学校をお客様に見立てて、玄関や体育館、校舎のガラスをプロ仕様で清掃しました。先生方はピカピカになったガラスにびっくりされ、大喜びしておられましたが、実は作業した生徒自身が「こんなに綺麗にできるなんて・・・」と感激していました。
 当社で品質管理や社員研修を担当している社員が指導を行いましたので、レベルの高い清掃を体験できたものと思われますが、礼儀正しく気持ちの良い挨拶が出来る熱心な5名の生徒さんの研修態度に当社の社員も感銘を受け、より熱心に指導をしたようです。
 今回の体験が、5名の生徒さんのこれからの人生に何らかの形でプラスになればと願っております。

◎参加した生徒さんの感想文を紹介します。
今回、体験学習をさせていただき、たくさんの道具を使わせていただきました。
最初に、社長さんからのお話では、「気付く人間になれ」と言われました。
「とてもよい会社だな」と思いました。
副社長の方にも、「環境整備に関する方針」などを教えてもらいました。
とても、やる気が出てきました。
 金尾さんの話で印象に残ったことは、「ヒヤリハット」についてです。話では、法則があって、3百回ヒヤリハットがあれば、三百一回目は重しょうになってしまう、ということがわかりました。
 あと、三宅商事という会社の大切にしていることを教えてもらいました。会社のそばにある自動販売機では、ふつうの物とは違い、とても安かったです。社員を大切にするとはこういうことかとびっくりしました。ほかに、客からのむりなようぼうには会社が断るそうなので、すごいと思いました。
 次に、そうじ道具の扱い方について学びました。最初にほうきのはき方をやりました。いつも僕は、何もいしきせずはいていたのですが、本当の扱い方を見てびっくりしました。基本的に「あっち行け!!」のはき方は×で、「こっちこい!!」のはき方は○でした。これからも、学校でやるときには、その事を生かそうと思います。
 次に「ポリシャー」という機械を使わせてもらいました。最初のそうさはまず止めることでした。少し角度をはずすとポリシャーが暴走してしまいます。(笑)でも、だんだん慣れてくることができて、最後には自分で自由に動かすことができるようになりました。とても楽しく、よい体験になりました。
 2日目は、宮野中学校に行き、窓のそうじをさせてもらいました。
 いつも何事なく使っていた物でしたが、今日そうじをしようと思うと、窓のきたなさにすこしびっくりしました。また、前日に練習した、窓の水切りもすることができ、とてもきれいになりました。あと、とてもやりがいがあることがわかったので、達成感がありました。そのぶん、楽しかったのですが、つかれました。
 この2日間を通して、学校ではけっしてまなべないような話や体験をさせていただき、とてもためになる2日間でした。
スクイジーもいただいたので、学校や家で使わせてもらおうと思います。
ありがとうございました。(原文のまま)
 


拡大



拡大