学校教育支援事業

はじめに

 株式会社三宅商事は、社会貢献活動に一層力を入れていく方針で、平成23年度に、山口県教育委員会が運営する「やまぐち教育応援団」に登録いたしました。
 現在、この社会貢献活動の一環として、学校教育支援活動「お掃除教室」を展開しております。
 
 学校教育の中で、清掃活動は、「心を育てる教育活動」のひとつとして重要視されています。
 現在、多くの学校で、「無言清掃」「学びあいの清掃」「仲良し清掃」など、心の教育の一環として様々な実践がなされています。
 
 一方で、正しい清掃の仕方は以外に知られていないような・・・・

 こんなほうきを使っていませんか?

 毛先が曲がり、ほこりが毛に入り込んでいます

毛先が曲がり、ほこりが毛に入り込んでいます

 
 毛先が曲がって開いています

毛先が曲がって開いています


 正しい使い方をすれば、この状態で長持ちするのに
 
正しい使い方をすれば、この状態で長持ちするのに


 正しいほうきの使い方 正しい雑巾のしぼり方 正しい水拭きの仕方・・・・意外に出来ていないような・・・
むしろ建物の維持や衛生上悪影響のある清掃の仕方さえ散見されるのですが・・・

 そこで、三宅商事は「学校の清掃活動を応援しよう」と思い立ちました。
 正しい清掃の仕方、より効果的な清掃の仕方を学校に広めよう。教育のプロと清掃のプロが手を取り合えば、学校の清掃活動がより大きな教育的効果をあげられる。清掃活動を通した「心の教育」に貢献できる。と、考えました。

 三宅商事は、学校教育支援活動「お掃除教室」を通して、正しい掃除、より成果の上がる掃除、何より清掃の必要性の普及に努めてまいります。
 

お掃除教室の実施について

  学校職員対象に
     教職員研修の一環として
     職員作業の手伝いを兼ねて
     清掃担当の先生や営繕担当の先生と校内を巡回して清掃計画を
  児童生徒対象に
     集会で全校児童・生徒に
     委員会活動で美化委員会や整備委員会に
     職場体験学習で
     学年活動や学級活動で
  その他
     親子活動や親子作業で
     学校を飛び出して一般の方も対象に
     大学で教職を志す学生に
 ありとあらゆる場で、正しい清掃・より効果の上がる清掃の普及に努めます。
 
 

実施予定

今後の実施予定です。


 お申し込みは、電話(083-922-4100)で、三宅商事学校教育支援活動担当者までお願いいたします。

※なお、遠方(山口市外)の場合、交通費実費をお願いしています。詳細はお問い合わせください。
 

平成29年10月24日~26日 職場体験学習を受け入れました。

 10月24日から3日間、県立山口市総合支援学校みほり分校中学部2年生の生徒さん2名が職場体験にやってきました。
 この体験学習を通じて働くことの意味を考え、自分の将来をより具体的に考える機会にしたいとの学校の趣旨に鑑み、当社の品質管理室長自らカリキュラムを考え、当社が持っている清掃に関する研修内容を3日間にわたり、体験していただきました。
 最初は「清掃の目的」や「マナー」「安全」について、勉強してもらい、床やガラスの清掃実技を
研修、学校でのガラス清掃ではきれいになって、先生に褒めていただいたところです。
 最後はポリッシャーの実技研修を行い、清掃の基本は会得してもらったものと考えます。元気な、生徒さん2名はまじめに話を聞き、実技も一生懸命練習し、有意義な職場体験学習をしてくれました。
 今回、当社に来てくれた生徒さんが将来を決めるとき、そして社会へ出て会社の一員として働くとき、そのときに今回の職場体験学習が役に立てばうれしいことです。生徒さんの明るい将来を期待しております。


まずは当社がどんな仕事をしているか、清掃とは、などを勉強します。


スクイジーの使い方を学びました。


2人でポリッシャーの操作を勉強しました。

 
 

平成29年10月20日  萩市立小学校で「おそうじ教室」を実施しました。

 萩市立小学校からの依頼により、5,6年生147名を対象におそうじ教室を実施いたしました。掃き、拭きやトイレ清掃に使用する資機材の正しい使い方の勉強です。
 当社の品質管理室長とお客様係2名がお伺いし、お掃除の基本や注意点をパワーポイントで説明し、掃き拭きの実践、トイレ清掃の仕方等を現地で指導し、改めて掃除の大切さ、正しい掃除の仕方に納得してもらったようです。高学年であることから、環境美化に努め、愛校心を持ってもらう今回の目的も達成しました。
 子供たちは今後、生活するなかで避けて通ることが出来ない清掃について教えてもらったことで、将来「そういえばあの時・・・・」ということがあるかも知れない。少しでもお役に立てれば嬉しいものです。

 最近は小中学校において、当社が行う「お掃除教室」の依頼が増えています。当社の学校教育支援事業がホームページを通じて多くの学校関係者の目に留まり、依頼があるものと考えています。
 児童、生徒がお掃除の基本を勉強していただくことはとてもいいことです。当社の社会貢献事業の一環として出来る限りの協力をさせていただきます。お問い合わせは当社、品質管理室までお願いします。


まずはお掃除の基本を・・・  


箒はこうして使うの・・・  


雑巾はこうして絞るの・・・


トイレのお掃除はね・・・
 

平成29年10月 5日  萩市立小学校で「おそうじ教室」を実施しました。

 この度、依頼をいただき、萩市の小学校でおそうじ教室を開催いたしました。5、6年生の美化委員20名の児童を対象に箒と雑巾の使い方を指導し、窓ガラス清掃の実演を行いました。

 パワーポイントで掃き拭き清掃について説明を行い、箒の正しい使い方、雑巾の使用方法などを理解していただきました。これで、美化委員としての基本をマスター、他の児童にも正しい掃除の仕方を教えてくれるでしょう。

 窓ガラスは、今までタオルや新聞紙で拭いていたそうですが、当社の品質管理室長の実演であまりに綺麗になるので、驚いていました。スクイジーを使用したガラスの清掃は意外と知られていないようです。

 未来を担う子どもたちに正しい清掃方法を指導するのは私たちの役目と考えています。清掃の基本を理解し、清潔な環境を作ることを子どもの頃から身につけて欲しいものです。


まずは清掃について勉強


正しい箒の使い方を


雑巾はきれいな水で洗ってこうして・・・


へえー、こんなにきれいになるんだ!

 

平成29年 9月21日-22日 山口市内中学校の職場体験学習受け入れました。

 今、中学校では、いずれ社会人、職業人として自立していく生徒さんが必要な勤労観、職業観などを身につけるため、職場体験学習を行っておられます。

 当社では、「地域に親しまれる企業」(企業理念)として希望する生徒さんを快く受け入れ、協力しているところです。今回は4名の男子生徒がやってきました。

 品質管理室長が当社の概要を説明し、なかでも清掃業務については実技を伴って業務を体験していただきました。

 当社のクリーンスタッフはお客様の事業所、店舗において作業することから、マナーには特に気を付けながら、安全を第一に作業すること、プロが使用する箒やポリッシャー、スクイジー使用して清掃の基本を理解すること、などを学んでいただきました。また、学校からも要望のあった、働くことの意義や職業人として必要なこと、職場で求められる人材、資質についても、体験によって学んでくれたものと思います。

 4名の生徒さんは目を輝かせながら一生懸命に聞き、体験してくれました。

 2日間にわたり、体験したことにより将来就職し、社会人になったとき、「そういえばあのとき・・・」ということがあれば、当社としてもうれしい限りです。

 今後のご活躍を祈ります。


まずは座学で研修 


ポリッシャーも体験


「すっげーきれいになる」


脚立での作業も体験!

 

業界誌「ビルクリーニング」に掲載されました。

 防府総合支援学校へ訪問し、研修を行った当社のホームページが、清掃スタッフのための技術情報マガジン「ビルクリーニング」9月号に掲載されました。ホームページの写真に防府総合支援学校からいただいた写真を加えて、編集されたものです。社会貢献の一環として行っている学校教育支援事業を話題にしていただいたものと思います。




 

 

平成29年 8月23日 山口県立防府総合支援学校の校外学習を引き受けました。

 防府総合支援学校高等部の生徒さん4名の校外学習として、来る10月にポリテクセンター山口にて開催される「平成29年度山口県障害者技能競技大会」(アビリンピック)へ向けてビルクリーニングを学んでいただきました。
 講師は当社の品質管理室長が担当し、当社研修センターの専用コートで大会規定に沿った床清掃、机上清掃を練習、傍らで見守る学校の先生も一緒に学んでいただきました。
 アビリンピックの競技職種「ビルクリーニング部門」での優秀な成績で、全国大会に出場して欲しいものです。ご苦労さまでした。

少し緊張しながら“先生”の作業を見学しています。

 
 

平成29年 7月24日 防府総合支援学校にて教職員の研修を行いました。

 清掃について生徒を指導するためと、生徒が参加するビルクリーニング技能競技大会(アビリンピック)について理解を深めるため、防府総合支援学校の教職員を対象に研修会が行われ、品質管理室長とお客様係2名が講師として伺いました、
 開会行事の後、清掃の目的など基本を研修し、アビリンピックにおける競技内容について実演を行い先生方に理解していただきました。
 その後、3グループに分かれてダスターモップによる掃き掃除、ガラス清掃、モップによる拭き掃除をそれぞれ体験していただきました。これで生徒さんにも正確に掃除の仕方を指導することが出来ると思います。
 帰りには生徒さんの作品をお土産にいただきました。ありがとうございました。


まずは先生方へ清掃について基本を・・・・


隅はこうして拭くのです。


机の拭き方も採点の対象です。


生徒さんの手作りです。ありがとうございました。

 
 

平成29年 7月 6日- 7日 山口市内中学校の職場体験学習受け入れました。

 過日、山口市内中学校の2年生2名が当社へ職場体験として来社しました。

 当社の代表と生徒代表がそれぞれ挨拶を交わす開始式の後、品質管理室長が対応し、当社の事業、プロの清掃、安全管理などについて研修を行いました。

 学校で掃除はするけど、何のために、どのようにして、とプロに教えていただいたのは初めて、と目を輝かせて話を聞いてくれました。

 ビルの清掃で使用する「ポリッシャー」の使い方を習い、当社のスタッフが日常行っている作業を体験、また、社内のガラスでスクイジーの使用方法を教わりながら一生懸命練習しました。

 社会へ出て、いつか「そういえば」ということがあるかも分かりません。貴重な体験をしていただきました。お掃除が好きになることを祈っています。


学校での授業とは少し違う・・・・


お! 少し出来るじゃん・・・

 

平成29年 5月15日(月) 山口市内小学校で「おそうじ教室」を実施

 山口市立小学校でお掃除教室を開催いたしました。全校生徒80名で掃き拭き清掃やトイレの清掃について学んでいただき、後半は6年生のみでトイレ清掃について実践しました。
 お掃除の時間にお掃除はするけど、なぜ、お掃除をするのか理由が分からず基本が理解できていなかったり、清掃道具の正しい使用方法がわからなかったり、学ぶことはたくさん。学校でお掃除について学び、おうちに帰っても整理整頓とお掃除が出来ればもう大丈夫です。
 当社の学校教育支援活動は、「やまぐち教育応援団」に登録し、各種学校において社員が訪問し「お掃除教室」を開催するとともに、本社での職場体験の受け入れなど、学校からも喜ばれている事業です。




 
 

平成29年 4月24日(月) 山口市内小学校で「おそうじ教室」を実施!

 山口市徳地地区の市立小学校よりの依頼によって、「お掃除教室」を実施いたしました。

この小学校ではお掃除について学び、実生活でも実践して欲しいことから児童の皆さんにお掃除の仕方を勉強してもらう機会を設定されました。

 当社の品質管理室やお客様担当が伺い、清掃の目的や掃き拭き清掃の仕方を指導、児童の皆さんは低学年と高学年に分かれて実践、真剣に学んでくれました。

 家庭でも、進んで整理整頓し、掃除機や雑巾を持ってくれる子どもであって欲しいものです。

子ども達に正しい清掃の仕方を学んでもらうため、当社の社会貢献活動の一環です。


まず箒の使い方を勉強!


「なかなか難しいなあ」


雑巾でこうして床を拭くのです。


やってみて分かりました

 

平成29年 4月13日(木) 小野田市内中学校のお掃除教室を実施しました。

 この度小野田市立中学校からのご依頼により、当社の品質管理室長とお客様係2名が講師として伺い、「お掃除教室」を実施いたしました。

 210名の生徒さんが体育館に集合し、パワーポイントでの説明を一生件命聞いてくれました。どこの学校でも、最初に「なぜお掃除をするのか、お掃除の目的は」とお話しをいたします。学校で掃除はしているものの、掃除についての理論的なことについては、案外知られていないものです。

 1年生から3年生まで学年に分かれて「ガラスの清掃」、「床の掃き拭き」、「床磨き掃除」をそれぞれ実践、当社の社員3名が講師としてそれぞれ指導いたしました。もうこれで、学校のお掃除は大丈夫です。最後に美化委員長からお礼のご挨拶をいただきました。お世話になりました。


「箒はこうして使うんです。・・・・」


ポリッシャーも体験しました。


雑巾での拭き方を練習!


ガラスをきれいにする方法は・・・・

 

平成29年 2月20日(月) 小野田市立小中学校でお掃除教室実施!

 小野田市立小中学校の分校にて、「名人に学ぶお掃除教室」とタイトルのついたお掃除教室を開催しました。プロとしての自覚はありますが、“名人”か、どうかは別として当社の学校教育支援事業として実施したものです。

 当社から3名のスタッフが伺い、清掃の基本と作業の仕方の講習、実技指導を保護者と一緒に学んでいただきました。終わりには生徒さんから丁寧なお礼のご挨拶と記念撮影、お土産までいただき、“名人”も楽しい1日を過ごしました。日頃から整理整頓が出来、お掃除が好きな大人になって欲しいものです。


まずはみんなにお掃除の基本を


箒はこうして使うと・・・・・


ガラスはスクイジーでほら!


雑巾はこうして絞るんです。

 

平成28年 9月16日(金) 鴻南中学校の生徒さんが職場体験で当社を選んでくれました。

 「やまぐち教育応援団」に登録していることもあり、この度、山口市立鴻南中学校の生徒さん3名が職場体験にやってきました。

 当社の品質管理室長が清掃はなぜ必要か、や清掃用具の基本的な使い方などを研修し、プロとしての掃除も体験しました。ポリッシャーの使い方も見るのと、使うのでは大違い、貴重な経験です。

 2日目は学校へ帰り現地研修、ヘルメットを被りガラスの清掃を体験しました。スクイジーの使い方も少しは慣れ、きれいになった窓ガラスに満足です。

 最後は会社に帰り、感想文を管理本部長に聞いてもらいました。 2日間の短い時間だけど、当社が何をしているのか、どのようにしてお客様からお金をいただいているのか、などその一端を理解してくれたことは貴重な経験になった筈です。2日間ご苦労さまでした。


ポリッシャーを体験します。


途中訪問の先生も体験!


ガラス清掃を学びます


鴻南中学校にてガラス清掃


会社へ帰り、管理本部長に感想文を聞いていただきました。

 

平成28年 9月14日(水) 昨日に続いて本日もアビリンピックの研修です。

 本日は田布施総合支援学校の生徒さん7名が先生2名と一緒にビルクリーニングの研修に来社されました。
 なかの1名は10月に山形市で開催される全国障害者技能競技大会(第36回アビリンピックIN山形)に出場することが決定している生徒さん、大会仕様に沿って研修用のコートにカーペットを敷き詰め、掃除機掛けと床の掃き拭き、机拭きについて勉強していただきました。大会でのご健闘を祈ります。
 アビリンピックはともかく、社会で出ても役に立つ研修、みんな真剣に講師の話に耳を傾けました。



全国大会出場の彼も皆も熱心に勉強しました。
 

平成28年 9月13日(火) 下関総合支援学校の生徒さんがアビリンピック出場の練習のため来社されました。

 下関総合支援学校から3名の生徒さんが先生方と当社にお越しになり、アビリンピック(山口県障害者技能競技大会)のビルクリーニング部門に出場するための練習を行いました。お知らせしておりますように、当社には、大会と同様の専用のコートがあり、資格を持った指導者もいることから、ご依頼があったものです。
 当社が出来るささやかなご協力ですが、これを機会にアビリンピックで優秀な成績を取って欲しいものです。ご健闘を祈ります。



当社社員の指導のもと、一生懸命練習しました。
 

平成28年 8月23日(火)  山口県立防府総合支援学校のビルクリーニング学習!

 本日、山口県立防府総合支援学校から7名の生徒さんと先生4名が当社にお越しになり、アビリンピック(山口県障害者技能競技大会)のビルクリーニング部門に出場するための練習をしました。

 当社には、大会と同様の専用のコートがあり、資格を持った指導者もいることから、ご依頼があったものです。

 山口県のアビリンピックでは当社の社員も出場し、金賞をいただいた大会、練習に協力したからには生徒さんに優勝してほしいものです。


拡大


拡大


拡大

 

平成28年 7月14日(木)  周南市高等学校NEW

 この度、当社の品質管理室長と業務第1グループ責任者、お客様担当の3名が学校教育支援事業として、県立熊毛北高校にお伺いいたしました。
 同校は校訓として、「誠実、創造、努力」を掲げ、育てたい生徒像の1番目に「基本的な生活習慣を身に付け、思いやりの心と責任感をもって行動できる生徒」を挙げておられます。基本的な生活習慣という観点から、今回、学校教育の一環として清掃体験学習をしようと、全校生徒213名を対象に実施されたものと推察いたします。清掃を生業としているプロとして、清掃の意義、目的を講義し、基本作業を体育館で研修した後、清掃の基本作業を校内で3班に分かれて実地に行い、指導させていただきました。
 生徒たちは清掃の基本を理解してくれましたので、あとは道具の使い方の研修です。箒の使い方や、ポリッシャーの体験、スクイジーを使用するガラスの清掃など、実際に体験すると、より理論も解るというもの、これからは掃除も楽しく出来そうです。
 清掃体験学習を企画いただいた先生方にはお世話になりました。ありがとうございました。







 
 

○過日開催した「保護者も一緒にお掃除教室」の子ども達からお礼の手紙と寄せ書きをいただきました。

 

平成28年 5月28日(土)  山口市小学校

 去る5月28日、山口市内の小学校において、3年生70名をを対象にお掃除教室を開催し、保護者も一緒に参加されました。当社の品質管理室長や業務第一グループの責任者、お客様担当が講師を務めます。
 漢字をひらがなに変換したパワーポイントの資料を用意し、分かり易く清掃の基本や作業の仕方を研修しました。教室では、実際に清掃を行い、実践していただきました。
 学校でのお掃除教室は大変有意義と思っています。教科書にない日常生活の基本を学ぶこと、今まであまり教えられたことのない掃除の仕方など、私どもはこれからも学校教育の一端を支援してまいります。




 
 

平成28年 5月26日(木)  下関市中学校

 去る5月26日下関市立中学校において、お掃除教室を開催いたしました。
1年生200名の生徒さんと先生を対象に当社の品質管理室長、お客様担当の計3名で清掃の目的や清掃の基本作業を指導させていただきました。
 まず、清掃の目的をパワーポイントで、そして掃除の基本「掃き拭き」、ダスターモップの使い方、
スクイジーを使ったガラス清掃などを行いました。ポリッシャーも持ち込んで、機械を使用する床の清掃についても体験していただきました。
 清掃についての講習は初めての経験のようで、生徒の皆さんは目を輝かして熱心に聞いてくれました。今まで雑巾や新聞紙で拭いていたガラスもスクイジーを利用する方法は目から鱗、生徒さんはきれいになった窓に感心することしきりです。
 最後には、生徒さんからお礼の言葉と、花束までいただきました。指導の甲斐もあったというものです。この知識を生かして学校や家庭で正しい清掃をしてほしいものです。


なぜお掃除を・・・


お掃除の基本は「掃き拭き」


5組に分かれてスクイジーの使い方を


最後は皆さんからお礼の花束を


その花束は本社のロビーに

 
 

平成28年 5月23日(月)  山口市小学校

 去る5月23日、山口市立鋳銭司小学校に於いて全校生徒と教員を対象に「お掃除教室」を実施しました。
 この学校へは何度か訪問していますが、今回は業界でいう「はきふき」の勉強。箒で掃き、雑巾で拭く、この基本作業を当社の品質管理室長と山口営業所のお客様担当が指導しました。
「どうして掃除をするのか」と清掃の必要性をはじめ、自由箒の使い方、雑巾で床の拭き方、など45分間、みっちり勉強していただきました。この知識を生かして家庭でもお掃除のお手伝いが出来る良い子になって欲しいものです。


お掃除の基本をパワーポイントでしっかり勉強


雑巾がけは後ろにさがるのです


山口新聞に取材をしていただき、24日付けの山口新聞に掲載
 

平成27年 7月21日(火)  山口市小学校

教職員対象のお掃除教室を実施いたしました。

いつもは掃き拭きトイレ清掃など基本的な清掃についての講習なのですが、今回は、床洗浄ワックスについての実技講習です。
 
始めに、「なぜ床にワックスを掛けなければならないのか」「ワックス掛けの手順」等についてお話しした後、実技講習スタート。

ポリシャーについて説明


まずお手本 

バランスを取ることについて説明中。
バランスが取れれば片手でも安定しています。

いよいよ先生が挑戦

ポリシャーが暴走しないよう支えた状態でスタート。

次々に挑戦してもらいます。


だんだん慣れてきました。


汚水回収にも挑戦

汚水の色がわかりますか?日常の清掃で取れなかった汚れが取れて、床に撒いた水が真っ黒になっています。
洗浄せずにワックスを掛けると、この汚れをワックスで固めてしまうことになるのです。

慣れてくるとどんどん進みます。


ワックスを塗って仕上げ。

ワックスは専用モップを使い、格子状に動かすと均一に仕上がります。
 
 見違えるほどピカピカになりました。画像でもお分かりいただけるでしょうか。
 
 今回は会社のポリシャーを持参し体験していただきました。
 ポリシャーのない学校や、ワックス掛けの前に床を洗浄しない学校、ワックスを掛けない学校も多いようです。
 しかし、建物の維持のためにワックスは必須(床維持剤と言うくらいですから)。また、上の画像でもわかると思いますが、毎日清掃していても学校の床は想像以上に汚れています。掃き拭きでは取れない汚れが床に浸透しているのです。ポリシャーで洗浄すると、この汚れをかなり除去する事ができます。
 
 学校を根本的にきれいにするために、ポリシャーを使った床洗浄を体験してみませんか。
 また、倉庫にポリシャーが眠っているが使い方が分からない、使ってはいるが本当の使い方はどうなのか、という学校がございましたら、お知らせください。スタッフが講習いたします。

 
 

7月6日(月) 山口市内総合支援学校

アビリンピックに向けた練習のため、7名の生徒さんと2名の先生が来社されました。

三宅商事の研修センターには練習用のコートや器具が揃っており、指導者もいることから、マイクロバスで特別練習に来られました。

拡大

まずは対面して礼。
生徒さんは緊張の面持ち。


拡大

指導するのは品質管理室長。
自ら手本を示します。


拡大

先生も一生懸命。


拡大

手本を示す品質管理室長に質問。


拡大

生徒さんに実技指導。


拡大

大事なポイントをしっかり指導します。


拡大

先生もいっしょに熱い指導。

8月には近隣から別の総合支援学校の生徒さんが来られる予定です。
三宅商事には練習用のコートや道具があり、指導者もおります。
アビリンピック以外にも清掃の実技講習ができます。関心のある方はご連絡ください。
 
 

平成27年 5月29日 下関市中学校

1年生約200名を対象にお掃除教室を実施いたしました。

今回は学年PTA活動の一環と言うことで、保護者の方も参加されました。

体育館に集まってもらいました。
いつもの通り、お話から。

ほうきの正しい使い方をスクリーンに映したり、ステージの上で実演したり。
いつも先生方の方が「ほうっ」という顔をされます。

今回は掃き拭きだけでなくガラス清掃も紹介しました。
学校のガラスを掃除してみせるのですが、ビフォーアフターがはっきりしていてしかも早い、ということで大受けでした。
画像にはありませんが「スネーク技法に挑戦」のコーナーは大盛り上がりで、プロの清掃について少し触れてもらうこともできました。
 
 

平成27年 3月10日 山口市小学校

卒業を前にした6年生を対象にお掃除教室を実施しました。

「卒業前に学校をピカピカにしよう」というプロジェクト

毎回いろいろな学校で好評をいただいている「みんなでガラス清掃」を実施しました。

まずは教室でレクチャー

前回のお掃除教室で、掃き拭きについて勉強しているので、今日は応用編になります。

教室のガラスで実演

手垢があっという間にきれいになるのを見て先生も子供たちもびっくり。

続いて、代表の子供がチャレンジ

やってみて、やらせてみて。実技篇は始めが肝心。じっくりコツを教えていきます。

さっきは教室の前のガラス、今度は後ろのガラスで練習。

このあと二人一組になり、学校中のガラスをきれいにしました。

自分たちの手で見違えるほど綺麗にでき、卒業前に良い思い出を作ることができたのではないかと思います。

 

平成27年 2月23日 周南市小学校

6年生68名を対象にお掃除教室を実施しました

卒業を前に学校をぴかぴかに掃除したい6年生を対象に、正しいお掃除の仕方を指導しました。


清掃の目的についてみんなに考えてもらいました。


その辺をちょっと掃いただけで細かいほこりがこんなに取れました。子供たちも見てびっくり。


正しいほうきの使い方について説明。


子供たちにもやってもらいました。


水拭きについて 雑巾は固く絞るように 絞り方の実演。


教えられた絞り方を実際にやってみると、さっき使ってしまっていた雑巾からまだ水が出ます。たかが雑巾絞りなのに盛り上がりました。


以外に知られていない正しい掃除の方法。
卒業前に下の学年のみんなに伝えてね、と約束して本日終了。
 
 

平成26年11月 6日 防府市総合支援学校

防府市にある総合支援学校高等部の職業研修で講師を務めました。

学校の清掃は、ほうきで掃いて雑巾で拭くというのが通常のスタイルですが、今回は将来の職業訓練的な意味合いや、様々な障害を持つ子供たちに適した清掃方法の模索という意味合いも込めた清掃指導となりました。

まずは、いつもどおりお話し


高等部全員約50名 先生方も同数

お話の後は実技。6班に分かれ 自在箒、ダスター、水拭きモップ、タオル、ガラススクイジーの使い方を実習しました。
ダスターやモップを学校で教えるのは初めてです。
ダスター指導中の写真がないのが残念。支援学校の清掃では、ほうきよりダスターの方が有効なのではと思う場面が多々ありました。

モップの絞り方の練習


モップで床の水拭き

モップで床を拭く学校は少ないですね。先生方もモップの使い方は習ったことがないはずです。

車椅子の生徒さんも挑戦

モップやダスターなどは、ハンディのある生徒さんでも清掃に使える優れたグッズであることが分かりました。今後は車いすの方でも使い易いモップやダスターを開発してみたいと思います

タオルで水拭き 

ビルクリーニング技能士の実技試験ではガラスをタオルで洗浄します。
今回はタオルで水拭きする練習にホワイトボードを使ってみました。

スクイジーで水を切る


大人数の実習なので、体育館にホワイトボードを並べてガラスに見立て、ガラス清掃の練習をしてみました。
 
先生も生徒さんも大変熱心に取り組んでいただき、教えていることこちら側が元気をもらえるような講習となりました。
また、今回の講習は私たちにとって清掃用具のユニバーサルデザインについて考えるきっかけになりそうです。


 
 

平成26年 9月25日・26日 山口市中学校職場体験学習

山口市内の中学校から2名 職場体験学習にやって来ました。

始めは座学から 会社概要について 三宅商事の望む社会人の姿 清掃の基礎など

実技研修 エッジでワックス研削

続いて、ポリッシャー体験
2人とも覚えが早くてすぐに操作法を身につけました。

ガラス清掃実技 普通のやり方だけでなく、スネーク技法にも挑戦


 
 

平成26年 9月18日 萩市小学校

5.6年生対象にお掃除教室を実施しました。

今回は人数が多いので、5年生と6年生は別々に行いました。

掃き掃除のコツ「こっち来いトン」のお話

ほうきを持ち上げて・・・何の話をしていたのだろう?

拭き掃除 雑巾の絞り方 意外に知られていない

「ワイパー拭き」が良くない理由を、黒板で説明中


お掃除教室も、いろいろな学校で回数を重ねているうちに、内容も教え方も進化してきたように感じます。以前訪問した学校でも、ご希望があればまた訪問させていただきます。前回とは違った発見があるかなと思います。
 
 
 

平成26年 9月10日 山口市総合支援学校高等部

総合支援学校の生徒さんが本社研修センターに来られました。

アビリンピック(全国障害者技能競技大会)参加にむけて、山口南総合支援学校の生徒さんが実技の研修のために来社されました。
本社には大会用の練習コートもあり、ビルメンテナンス協会の講師もいます。実技研修には最適の環境です。


まずは手本を示します。

熱心に聴く生徒さん。

やってみせ、やらせてみて。

白いシャツは弊社社長 黒いシャツは先生。

拡大

社長は山口県ビルメンテナンス協会会長でもあり、この大会は特に熱意をこめて支援しています。今日も自らが指導。

アビリンピックは名古屋で11月21日から23日まで開催。弊社からも山口県大会で金賞を獲得した選手が参加します。
山口県選手団の活躍を心からお祈りいたします。
 
 

平成26年 9月 8日 山陽小野田市小学校

整備委員会児童対象にお掃除教室を実施しました。

「正しい清掃方法を子供から発信し全校に広めよう」ということで、整備委員会の児童を対象にお掃除教室を実施しました。


まずは清掃の目的について考えてもらいます。


「ほら、意外にゴミや埃があるでしょ」
清掃した後の教室なのに、軽く掃いただけでゴミが取れました。
掃き方に問題があることに気が付いてくれたかな。


みんなを集めた後話をつづけたのですが、その場で話を聞き続けています。
興味を持ってくれたよう。


雑巾のしぼり方
別に手を上にあげて絞るわけではありません。
わかりやすいように見せているだけですよ。
 
委員会活動の時間をお借りしてのお掃除教室。短い時間でしたが集中してできたかなと思います。

 
 

平成26年 9月 2日 山口市小学校

5・6年生児童向けにお掃除教室を実施しました。

新学期早々 これからの清掃活動を充実させるべくお掃除教室開催

体育館に5・6年生約150名が集合。熱い視線を浴びて講師は緊張気味。


何をしているか分かりにくいと思いますが、雑巾の良くない絞り方の見本を示しています。


雑巾がけの実技 みんな本気です。もちろん本気にさせる方法があってのことです。

FM山口さんが取材に来られました。



お掃除教室実施後、講師もインタビューされました。「本日の手ごたえは?」「もちろんばっちりです」
始めは子供も講師も緊張していますが、いつも実技に入ると子供たちがだんだん熱くなってきて、それが楽しみになっています。

 
 

平成26年 7月24日 山口市小学校

教職員向けに床洗浄・ワックス塗布についての実技研修を行いました

校舎の床にワックスを塗布する学校は多いのですが、塗布前に床を洗浄する学校はほとんどない、というのが実情ではないでしょうか。
今回は、夏休みを利用して職員作業・職員研修の一環として、床洗浄・ワックス塗布の実技研修を行いました。
今回の学校は築1年と少々、今までワックスを塗布したことがない、ということなので、ポリッシャーで入念に洗浄し、床についてヒールマークを落とす作業から入りました。

これがヒールマーク
もう取れないとあきらめていませんか。ポリッシャーで洗えばかなり除去することができます。

始めに作業の流れを説明


こちらの先生はポリッシャー初挑戦


女性の先生にも挑戦していただきました。
機械が暴走しないようにちゃんと支えているから安心。
うちのスタッフの教え方は、業界内でも結構上手な方ではないかと自負しています。

汚水回収も大事な過程
先生方で、洗って、汚水回収して、水拭きして、床がどんどんきれいになっていきます。

初心者とは思えないほどの上達
もう、先生方でどんどん進められるようになりました。
ピカピカになった床の写真を撮っておくべきだった・・・。
先生方には大満足いただけたとおもっております。
 
ワックス塗布前にポリッシャーをかけてみませんか。仕上がりが全然違いますよ。もう取れないと思っていた床の汚れが除去でき、学び舎にさらなる愛着が湧くこと間違いなし。
 

 
 

平成26年 7月 8日 山口市小学校

5・6年生16人を対象にお掃除教室を実施しました。

小学校では、縦割り清掃を行っているところが多数あります。
今回のお掃除教室では、5・6年生が縦割り清掃のリーダーとしてしっかり掃除ができるように、また低学年にも指導ができるように、という目的で実施いたしました。


拡大
6年生の教室で行いました。
電子黒板を使わせていただいたので、分かりやすく説明できたかなと思います。


拡大

拡大
何の写真か分かりにくいでしょうね。
おがくずをまいて、ほうきの使い方の実技講習中です。
正しい掃き方は意外に知られていないのが実情です。先生方も「ああ、そうか」とうなずかれる場面が多数ありました。


拡大
ぞうきんの絞り方、拭き方の実技講習中
拭き掃除なんて誰でもできると思われていますが、正しくない拭き掃除はかえって床を傷めてしまうのです。
 
今回は2単位時間いただけたので、掃き、拭き、トイレ清掃の3つについて勉強する事ができました。

 
 

平成26年 6月10日 山口市小学校

全校児童94名を対象にお掃除教室を実施しました。

 この小学校は、昨年、6年生を対象にお掃除教室を実施したのですが、大変好評だったので、今回は、全校児童を対象にお掃除教室を実施することになりました。
 学校全体で清掃活動に対する意欲が高く、大変やりがいのある会になりました。
また、今回は、YAB山口朝日放送さんの取材を受けました。
 
お掃除教室の前に、清掃担当の先生にご案内していただき。清掃の様子を見せていただきました。
さすがですね。みんなとても一生懸命です。しかも、基本がよく出来ています。
清掃の先進校と言ってもいいでしょう。


トイレ清掃の様子を見に入ったところをテレビクルーが追っかけ。

続いて体育館でお掃除教室

清掃担当の先生からご紹介


子供たちがカメラを意識していません。今回は、子供たちの集中力の高さにも驚かせられました。


掃き掃除の実技 利き手の関係でちょっと戸惑っている様子。


ぞうきんの絞り方。まず手をこう出して・・。縦に絞る。


よこたてよこたて、四角い部屋はまっすぐに手を動かして。ワイパー拭きはだめですよ。

清掃にとても熱心に取り組む子供たちと、先生方。これからもずっと応援していきたいと思いました。
 
 

平成26年 5月28日 山口市小学校

教職員研修の一環として、学校清掃についてお話をさせていただきました。


ポリッシャー体験


校長先生も挑戦

校舎の床メンテナンスについてあらかじめ相談を受けていたので、今回はポリッシャーを持っていきました。
先生方は興味津々。どの学校にもこれがあるといいのですが。

電子黒板をお借りして

清掃の基本(掃き、拭き、トイレ清掃についてお話しさせていただきました。
誰でも知っている、誰でもできると思われている掃除ですが、正しい清掃方法はあまり知られていないのが現実です。今回はその点もお話しさせていただきました。

スクイジーを使用したガラス清掃

先生がガラス清掃に挑戦

職員研修も実技があった方が盛り上がりますね。


最後は廊下で

今回の研修が、清潔で快適な学校環境づくりに貢献できれば、と思っています。



 
 

平成26年 5月8日・9日 山口市中学校職場体験学習

今年も山口市内の中学校から4名の男子生徒が職場体験にやってきました。

まず開講式


葭谷社長より励ましの言葉

阿寿賀副社長より励ましの言葉


続いて、座学研修。仕事の概要や注意点などの話もするのですが、せっかく学校から出て職場に入っていくのですから、「うちはこんな会社だから、こんなことを大切にしている」「こんな人に育ってほしい」など、マナーや協調性の大切さなどのお話もしました。

品質管理室長の話


午後は実技研修
やはり体を動かす方がいいですね。

ポリッシャー実技


最新機器エッジも体験してもらいました


ガラス清掃実技


研修2日目は、母校にお客様になってもらいガラス清掃
もちろん三宅商事仕様で、始めのあいさつからすべてやってもらいました。

脚立作業は二人一組 ヘルメット着用

安全のためそばについていなければならないので、あまり写真を取れませんでした。
短い時間でしたが働くことの大変さ、成果が出た時の喜び(ガラス清掃ははっきりとした成果が出せます)などを感じ取ってくれたらと思います。そして、この体験が彼らの成長の糧になることを強く願っています。

 
 

平成26年 4月28日 山口市小学校

小学校5・6年生を対象にお掃除教室を実施しました。

この春最上級生になり、縦割り清掃のリーダーを務めます。
リーダーとしてしっかり指導ができるように、もちろん自分も正しい掃除ができるように、しっかりと勉強してもらいました。

よいほうきと悪いほうき

正しい使い方をしたほうきは3年使っても毛先はきれいです。


身の回りの埃に注目

ちょっと身の回りを掃いただけでこんなに埃が集まります。
子供たちを集めて示しています。


長い柄の先はこのように持とう


掃き方の実技指導


床におがくずをまいて掃き方の指導


ぞうきんの絞り方 これはよくない見本


画像には出ていませんが、教室の後ろには先生方もおられましたので、清掃指導のコツや子供の躓きやすいポイントなども一緒に説明させていただきました。


 
 

平成26年 3月21日 山口大学

 山口大学教育学部の公開講座「ちゃぶ台次世代コーホート」で、若手教職員と教職志望の学生を対象に、学校清掃について講話をしました。
 講師が元教員で学校清掃について内情を良く知っているということもあり、今回は正しい清掃方法についてだけでなく、子供にどう伝えるか、校内の清掃計画のポイントは、等についてもお話させていただきました。


今日は教室で講師


「掃除の仕方を習ったことのある人」とたずねたら、誰も手が上がりませんでした。
それはそうでしょうね。いったいいつ誰から習ったのか思い出せない、でも誰もがやっている。それが掃除です。何となく誰にでもできると思われている。
だけど、正しい清掃の仕方は知られていない・・・。

ほうきの柄はこのくらいの長さが使い易い、との説明に一同「ほ~!」。
案外知られていないことです。

ほうきの持ち方や構え方。知っているようで知られていない。

前に集まって見てもらいました。
さすがに若い人は柔軟性がある。「へえ~そうだったのか」と納得してもらえました。
 
たかが掃除と思っていると、いざ現場に立ったときが大変。
新任でもいきなり掃除の時間はやってきます。そのときになってもあわてないように、清掃指導のコツを伝授できたと思っています。
 

お礼の手紙が届きました。

3月12日に小学校6年生を対象に実施した「卒業前のお掃除プロジェクト」のお礼の手紙が届きました。担当者および社内関係者一同大変感激しております。



お手紙の一部を抜粋して紹介いたします。
 
昨日は、そうじのやり方を教えていただいてありがとうございました。最初はスクイジーのやり方がよく分からなかったけど、やっていくうちにだんだん慣れてきて楽しくなってきました。普通に雑巾で拭くよりも、昨日の道具でやったらもっとピカピカになるのでうれしいです。これからもがんばってください。
 
先日は私達のために窓ふきの仕方を教えて下さってありがとうございました。プロには及びませんでしたが、おかげ様で学校中の窓が美しくなりました。これからも、掃除の極意を忘れずに中学校でも掃除を頑張りたいと思います。
 
昨日は窓ふきを教えてくださってありがとうございます。スクイジーの一筆書きをするときはすごく楽しかったです。しかも上手にできました。中学校でも窓ふきをがんばりたいです。
 
今回はそうじのコツを教えて下さってありがとうございました。特に窓ふきはよく分かったし、楽しかったです。窓ふきで窓を両面ふいたらとてもキレイになったのが気持ちよかったです。少しの時間でしたが、ありがとうございました。
 

平成26年 3月12日 山口市小学校

卒業前の6年生を対象に「卒業前のお掃除プロジェクト」を実施しました。

前回は中学校でしたが今回は小学校。卒業前に学校をきれいにしようとする活動です。
今回も活動のメインはガラス清掃。雑巾やタオル、新聞紙ではなくスクイジーを使ったガラス清掃です。
 
「小学生にスクイジーが使えるの?」
心配ご無用。ちょっとしたコツをつかめば、子供たち自身が驚くほどピカピカに。もっとも、その「ちょっとしたコツ」が問題で。やはり目の前で実演・説明しているのを見て聞かなければなかなか身につくものではありません。
 
三宅商事は、呼ばれればいつでも駆けつけて、プロのコツを伝授いたしますよ。

始めは教室で


清掃の目的について簡単にレクチャー
回数を重ねると講師の身振り手振りも・・・

熱心に聞いてもらえました。


今回のメインはガラスですが、ほうきの使い方もちょっとだけ触れました。
やはり掃き拭きは大事ですから。

玄関のガラス清掃


子供でも手が届くので結構やり易いのです。
玄関は学校の顔 ここをピカピカにすることで作業した子供たちにも大きな達成感が。

1階の教室ガラスの外側を清掃


外側は当然のことですが、雨の後で汚れています。
汚れているからこそ、ビフォーアフターがはっきりしてやりがいがあります。
子供たちの楽しそうな様子に講師も笑顔
 

平成26年 3月12日 山口市小学校

教職員を対象に ガラス清掃研修と実技

卒業式を前に職員作業でガラス清掃をしよう。

学校のガラス道具は古くて使えない・・・

とりあえず三宅商事に相談しよう
 
と、いうことで、以前子供たち対象のお掃除教室を実施した縁で、声をかけていただきました。
はい、気軽にお声をかけてください。お力になります。
たまたま同じ日に隣の小学校で使ったガラス清掃道具を持って駆けつけました。


玄関のガラスでまず見本を

逆光で見えにくいのですが、まず玄関ガラスで実演・説明いたしました。


外ガラスを清掃中

ポカポカ陽気に恵まれ外作業も楽しく進行。


ほうきも使いました。

「なんでガラス清掃にほうき?」と思われるでしょう。
手が届かないところは、スクイジーを棒に刺して使うと良いのですが、そんなに都合の良い棒が転がっているわけはありません・・・が。ほうきの柄が結構使えるのです。


この白い棒は、古いガラス道具の柄を利用しています。



脚立を使うよりは棒の方が安全。きれいに仕上げるにはちょっと難しくなりますが。
この青い棒はほうきの柄を利用しています。
 
ちなみに、始めから柄がついているスクイジー(プラスチック製)は、おススメできません。学校の備品は頑丈で長持ちする物をお勧めします。
 
宣伝じゃないですよ。
 

平成26年 3月18日 周南市高等学校NEW

今回のお掃除教室は、キャリア教育の一環として企業講話と職業研修(清掃作業)を実施しました。


始めは、企業講話

パワーポイントを使ってわかりやすく説明

「社会で求められる人物像」「高校時代に身につけておきたいこと」などを、清掃作業と関連させて話しました。
社内研修でも従業員に話すのですが、「掃除ができる=仕事ができる」ではありません。
「掃除+マナー+コミュニケーション」全部そろって初めて「仕事ができる」と見なされます。
今回は、「プロの掃除とは」「マナーとは」「コミュニケーションとは」について、会社の事例を交えてお話しさせていただきました。
 
続いて清掃実習

掃き拭きについてもお話をしましたが、今日のメインはガラス

生徒用昇降口のガラスで実演と説明

ガラスはビフォーアフターがはっきり分かるので、やりがいを感じやすく、「きれいにした」「自分でもやればできる」という実感をもたせるには適していると思います。


実際に1枚表裏きれいにしてみました。

写真でははっきりしないかもしれませんが、作業しているガラスと周囲のガラスを比べてみてください。作業終了間近のガラスが透明なのに対して、周囲のガラスは白く汚れているのが分かりますか?
毎回「すげえー」の声が上がります。


玄関のガラスをきれいにしています。

全体に説明した後はグループに分かれて作業しました。
職業体験というにはちょっと大袈裟かなと思いますが、「作業する→きれいになる→充実感」というサイクルは感じてもらえていたと思います。



 

平成26年 2月27日 山陽小野田市中学校

卒業前の3年生を対象に「卒業前のお掃除プロジェクト」活動を実施しました。

 卒業を目前にした3年生が、学校中をきれいにしようという活動です。
始めはいつも通り清掃の目的・掃き拭きの基本などについて話をしましたが、今回のメインはガラス清掃。
 
 学校では新聞紙や雑巾を使ってガラスを拭くことが多いようですが、それではなかなか能率が上がらないし、仕上がりもきれいにはなりません。ガラススクイジーを使えば能率は何倍にもなるし仕上がりも比べ物にならないくらいなのですが、ちょっとしたコツが必要です。
 
 今回は会社から持ってきたガラス清掃セットを使ってもらい、スクイジーを使うコツを伝授。時間内にできるだけ多くのガラスを清掃してもらうことにしました。

始めは教室と廊下のガラスから、生徒さんは真剣そのもの


場所を移動して大きなガラスの清掃


師匠が手本を示します。


最後に教室でまとめ


PDFファイル生徒さんからいただいたお手紙です。
 

平成25年11月19日  山陽小野田市小学校

6年生を対象にお掃除教室を実施しました。

縦割り清掃のリーダーとして下学年を指導できるようにと、6年生を対象としたお掃除教室を実施しました。


身振り手振りでお話し

始めは、清掃の目的について考えさせるとともに、ほこりがいかに健康被害をもたらすか、清掃の仕方が悪いとほこりを巻き上げ健康によくない、などというお話をしました。


まず見本を示す

おがくずを床にまいて、正しいほうきの使い方
ビルクリーニング技能士の試験や、競技大会でおがくずを使うのですが、お掃除教室でもおがくずをまいて実演してみせると、より興味を持って見てくれるようです。


実技指導前のひとコマ

それじゃあ、はきそうじやってみたい人~! 
いっぱい手が上がりました。
たかが掃き掃除、でも新しいやり方に子供たちの興味がかきたてられたようです。
このあと、実技指導
やる気満々ノリノリの子供たちに、指導する側も笑顔笑顔
今回も充実したお掃除教室でした。
 

平成25年10月21日  山口市総合支援学校

総合支援学校高等部の生徒さん対象に講話と実技指導

今回は、ビルメンテナンス協会からの依頼でした。
山口県障害者技能競技大会(アビリンピック)からのご縁だろうと思います。
いつもは学校の清掃がテーマですが、今回は「職業としての清掃」というテーマです。
20分の講話の後2班に分かれ、自在ほうきを使った除塵作業とスクイジーを使ったガラス清掃作業の実技指導を行いました。


 

平成25年10月 4日  山陽小野田市小学校

5,6年生を対象にお掃除教室を実施しました。

5,6年生全員を対象にお掃除教室を実施しました。
ひと学年の人数が多いので、5校時に5年生 6校時に6年生を対象に行いました。
前回、環境委員会の子供たちに「プレお掃除教室」を実施しており、その子供たちがいろいろな場面でアシスタントとして活躍してくれたおかげで、効果的に学習できたと思います。
 


ほうきの使い方を実際にやってもらいました

ほうきを振り上げて悪い見本

ひとりひとりにやってもらっています


いろいろな学校を訪問しましたが、正しい掃除というのは意外に知られていないものなのです。
今回も、たかが掃き拭きの話なのに「へえ~!」「そうだったのか!」と目を光らせて聞いてもらえました。
 

 

平成25年10月 1日  山陽小野田市小学校

環境委員会の児童(5,6年)を対象にお掃除教室を実施しました。

学校清掃の核になって活躍できるよう、環境委員会のみなさんに「掃き、拭き、トイレ清掃」等、基本的な掃除についてのお掃除教室を実施しました。

正しい掃除とはと、問いかけ

ただお話を聞いてもらうのではなく、問いかけ考えさせるようにしています。


雑巾の絞り方


掃き掃除実習


トイレ掃除はできるだけ実演して見てもらいます


後日、5,6年生全員の前でお掃除教室を実施することになっており、今回は「プレお掃除教室」という位置づけでしたが、これが大正解でした。

 

平成25年 9月26日  周南市中学校

中学3年生を対象にお掃除教室を実施しました。

卒業を前にした3年生に、「学校をぴかぴかにして卒業しよう」という目当てのもとに行われました。
3時間と余裕のある時程を組んでいただきましたので、話を聞くだけでなく実技の時間をしっかり取ったり、通常は掃き拭きトイレだけのところをガラス清掃の実技を入れたりして、充実したものになりました。


体育館で全体指導

このあと教室に移動し、1組はガラス清掃から2組は掃き拭きトイレ清掃について学習


ガラス清掃説明中

はじめは神妙な様子で見ていますが・・・・


ガラス清掃実技指導中

やってみせ、やらせてみせ・・・
やってみた生徒は大喜び。見ている生徒からは歓声が。


ガラス清掃実技指導中

グループごとに分かれ学校中のガラスをきれいにしていきます。
ビフォーアフターがはっきり分かるので、清掃した実感がわき大変な盛り上がり。
慣れてきたらスネーク技法まで教えます。
どこの学校でもこの時点で大盛り上がりです。
一方・・・・・


掃き掃除の説明中

地味です。
でも、生徒さんは一生懸命聞いてくれます。


水切り用具を手に

今までやっていた掃除のやり方が実は良くなかったことに気付いた生徒さんは食らいつくように話を聞いてくれました。
実技指導中の写真を紹介できなかったのは残念
 
後日、会社に礼状が来たのでご紹介します。

PDFファイル学校便りに載せていただきました
PDFファイル生徒さんからのお便りです
 

平成25年 9月26日  山口市小学校NEW

5,6年生を対象にお掃除教室を実施しました。

夏休みに職員研修で清掃についての講話をしたのですが、その時に、子供たちにも正しい清掃の仕方を教えてほしいとのオファーをいただきました。
今回は、5年生、6年生を別々に1単位時間ずつで実施しました。

まずはお話から

なぜ掃除をするのか、清掃の目的をきっちりおさえることから始まります。


掃き方の実技指導

やってみると意外にできていないことが多いのです。


細かいほこりを集めて見せています

ちょっとその辺を掃いてみただけで、驚くほど細かいごみやほこりが集まります。
適当な掃き掃除をすると、その細かいごみやほこりは宙に舞うだけで少しも掃除をしたことにならないのです。


多目的ホールで実技指導

実際には掃き拭きトイレの3つについて指導するのですが、今回は掃き掃除が中心になりました。
学校の実態に合わせて内容も変えていきます。






 

平成25年 8月18日・19日  山口市中学校

職場体験学習を引き受けました。

山口市立鴻南中学校から男女2名の生徒さんが職場体験学習にやって来ました。
人数が少ないためかちょっと緊張気味の二人でしたが、研修態度は真剣そのもの。
1日目は本社研修センターで研修

開講式で葭谷社長から励ましの言葉をもらった後、午前中は仕事をする上で大事なことについて、会社の仕事内容をもとにした具体的な話を聞いてもらいました。
午後は清掃の実技研修。ポリシャーやスクイジーの使い方をみっちり練習してもらいました。


社長より励ましの言葉


座学の一コマ
熱心に話を聞いてくれました

ポリシャー練習中
呑み込みの早いこと早いこと 感心してしまいました

ガラス清掃実技
明日は早速実戦なので必死で覚えてもらいます

2日目は鴻南中学校さんにお客様になってもらい、ガラス清掃実戦
「掃除屋さんごっこ」ではない本気の仕事をしてもらうため、社員が使うのと同じ作業指示書を発行。
お客様へのあいさつから作業まですべて生徒さんにやってもらいました。


拡大
社員はさぼっているのではありません。ハラハラしながら見守っているのです

拡大
事前に練習していたとはいえ、なかなかの仕事ぶり
たかが清掃、されど清掃。プロにはプロなりのコツがあります。
今回はそれのほんの一端を伝授しただけですが、そのちょっとしたコツで本人も周りもビックリするくらいの成果が表れます。生徒さんは夢中になって作業していました。
この体験が、今後の人生に少しでもプラスになればと願っています。
 

平成25年 8月 7日  山口市中学校

6月に「やまぐち路傍塾」(山口市教育支援ネットワーク)に登録しましたところ、市内中学校から早速のオファーをいただきました。

今回は生徒会役員及び有志による校内清掃で清掃指導をしました
清掃リーダーの育成という学校の希望に沿った内容だったと思っています。
どこの学校でもスクイジーを使ったガラス清掃が好評なのですが、今回も、ガラス清掃では生徒さんが熱中し大変盛り上がりました。

生徒用昇降口のガラス清掃
延長棒を使った高所ガラス清掃を指導しました。
ちょっと難しかったみたいですが、きれいになるまでがんばってトライしていました。


スクイジーを使ったガラス清掃の指導
生徒さんがやっている写真を撮っておけばよかったのですが・・・・
毎度のことなのですが、生徒さんの輪の中に入って指導していると、つい夢中になってシャッターを押すのを忘れてしまいます。


暑い夏の日に出てきてくれた生徒さん 
熱心に話を聞いてくれました。
彼らの熱意と本気に感謝


 

 

平成25年 7月25日  山口市小学校

職員研修に講師としてお招きいただきました。

先生方の前に立つのはなかなか慣れません。

視聴覚室で

拡大


正しい掃き方 

良くない掃き方











違いが分かりますか?
正しい掃き方をしないとほうきも傷むし、ほこりも舞い上がります。




トイレ清掃実演中

ここは盛大に水を流して

 
トイレ清掃は、一般論を話すのではなくそれぞれの学校に合わせた清掃の仕方を提案しています。








研修のあとのQ&Aでは多数の質問で盛り上がり、先生方の熱意を大いに感じました。


 

平成25年 7月23日  山口市小学校

職員研修で清掃についての講話をいたしました。

先生方の前でお話しするのは緊張します。

視聴覚室で講話

正しい掃き掃除について実際にやって見ていただきました。

掃き掃除の実技
 
「正しい掃き方をするとこんなに細かいほこりまでとれます」と掃いた後を見ていただきました。
先生方も興味深い様子でした。

集めたごみを見ていただいています

誤解を招きそうな格好をしていますが、トイレ清掃について実際にやって見ていただいているところです。

掃除中です

ちょっとしたことでこんなにきれいになりますよ。

掃除したあとを見ていただいて、説明しています

おまけです。
ガラス清掃をやって見せました。案外ウケるんです。
それなりにコツがあります。

ガラス清掃中


清掃担当の先生を始め、先生方が大変熱心で、子どもたちを対象としたお掃除教室もやって欲しいというオファーをいただきました。




 

平成25年 7月22日  山口市小学校

5.6年生児童を対象としたお掃除教室と、先生方を対象にした床清掃ワックスの研修会を実施しました。

・5.6年児童対象のお掃除教室

自在ほうきの使い方を実演中

だれにでもできそうな掃き掃除
ところが、先生方も含めて、きちんとできる人はほとんどいないのが現状です。







このあと雑巾の絞り方、トイレ清掃について実際にやってみせて説明しました。


・先生方を対象に床清掃ワックス研修会

先生方対象の授業は緊張します

始めに床清掃全般についてのお話
知っているようで知らない床清掃のコツについて、先生方も「ほお~っ!」








・ワックス清掃の実技

ワックス清掃の実技

ワックス作業用の道具を持ってきたので使っていただきました。
ちょっとしたコツを知ることでおどろくほど作業がスムースに進み、先生方にも喜んでいただけました。







作業がどんどん進み、予定以上の範囲ができているのですが、気分が乗ってなかなか手が止まりません。
翌日の分も残しておこう、ということで早めの終了になりました。

 

平成25年 7月 2日  山口市小学校 その2

清掃担当の先生と校内を巡回し、お掃除中の様子を見せていただき、清掃のポイントについてお話をさせていただきました。


清掃指導中

先週指導したこっち来いトンがちゃんとできています。










何でこんな格好しているのだろう?

「靴の裏についた砂塵が校舎内に侵入する」という話をしていたのかな。










清掃担当の先生と相談中

土間の清掃について、砂塵の侵入防止の話とか日常の清掃のコツとか










トイレ清掃のコツ伝授中

「ここを洗うといいな」・・・結構盲点があるのです










実演中

言うだけでなく実際にやって見てもらいました。









トイレ清掃は、実際にやってみて、それぞれの学校にあった清掃の方法を提案しています。
早くしかし確実にきれいにする方法があるのです。


ここは先生が気をつけて


ここは大掃除のときに

写真では分かりにくいのですが、トイレ清掃は内容を3つの区分に分けて、日常清掃ですること、大掃除のときにすること、職員作業ですること、についてお話させてもらいました。







この後は、6年生の家庭科の授業として、拭き掃除、トイレ清掃、ガラス清掃について指導しました。
 

 

学校教育支援事業へのお礼が来ました。

 学校教育支援事業の一環として山口市立阿知須小学校へお伺いし、お掃除教室を実施したことへの
お礼が届きました。子どもたちがお礼の気持ちを、心を込めて書いてくれたものです。
 指導した社員にとって宝物です。お掃除を通じて環境を考え、りっぱな大人になってくれることを願っています。


拡大

拡大
 

平成25年 6月27日  山口市高等学校

生徒全員を対象にした企業講話と1年生を対象にした清掃実技講座を実施しました。

企業講話では、会社の業務について話す中で、社会人として何が大切か、学校でどんなことを身に着けてほしいか話をしました。
今年新卒で入社した社員の中に、ここの卒業生がいたのでこの会に参加してもらいました。
新社会人として先輩としての思いを後輩にいろいろ話してもらいました。


いつもの二人と卒業生一人


会社の業務について説明

床洗浄ワックスや剥離清掃、飲料水のタンク清掃など、業務で行う清掃についてお話しました。
その中でOBが多数がんばっていることもお話しました。








ちなみに、彼もここの卒業生

ビルクリーニング技能競技大会中国大会に山口県代表として参加したときの画像です。
今回の講話の中でも、活躍するOBとして生徒さんに紹介しました。








お掃除教室的な話題も

ほうきの使い方が悪いとどうなるかを説明しているところです。










ほうきの使い方を実演

業務として清掃をしているのですから、掃き拭きひとつとしても疎かにはできません。










卒業生にインタビュー

マナーやコミュニケーション能力がたいせつなこと。コミュニケーションとは友達同士で仲良くすることだけでなく、気の合わない人や違う世代の人とも気持ちを合わせていくことだ、仕事ではこのコミュニケーションが大事だと思った、など体験をもとに話してくれました。
ついこの間まで高校生だった先輩が、社会人としてしっかりがんばっている様子に、生徒たちも興味関心を持って話を聞いてくれました。





続いて1年生を対象に清掃実技講座
時間の都合で掃き掃除、トイレ清掃、ガラス清掃に対象を絞りました。


ガラス清掃についてOBがお手本

ガラス清掃はいつも大人気


ほうきの使い方の説明

実技指導




















画像はありませんが、トイレ清掃について実演しながら指導しました。
早くてきれいになるトイレ清掃の方法など、すぐに役に立つ知識は興味深そうに聞いてくれました。



 

平成25年 6月25日  山口市小学校

小学校全員を対象にしたお掃除教室と、6年生を対象にした家庭科の事業を行いました。

まず、全校児童を対象にしたお掃除教室
時間が限られているため、掃き掃除に限定した内容でした
短時間にまとめたためか、かえって集中して聞いてもらえました


体育館でお話

拡大

「×あっち行けサッサ」
「◎こっち来いトン」
掃き掃除の魔法の言葉です








熱心に話を聞いてくれました

子ども達の中に入って実演

興味深そうに見つめる目にちょっと緊張








次に6年生の家庭科の授業


清掃の目的から考えさせました

初めて聞いた」「目からウロコ」の話もいっぱい
教室は「へえ~!」につつまれました









教室でほうきの使い方について指導

個人指導も

階段掃除の仕方





















このあとひとりひとりに個別指導しました

6年生には、縦割り掃除のリーダーとしての役割が期待されます
しっかりとした清掃ができるように詳しく指導してゆきました
 

平成25年 6月24日  周南市中学校

中学校全校生徒対象のお掃除教室を実施しました。

「無言清掃」の取組みで成果を上げ、近隣の学校から熱い視線を浴びている先進校。
そこの「清掃集会」に参加させていただきました。
 
1週間前に、清掃の様子を見せていただき、打合せをした上で実施したので、より学校の実態に即した内容で行うことができました。

体育館で全校生徒の前で行いました

画面では見えにくいのですが、スクリーンには「知っておきたいほこりの怖さ」についての説明が写されています。









品質管理室の2人組で進行しています


ほうきのかけ方の悪い見本を示しています 左に向かって


これも悪い見本 正面に向かって


右側の生徒に向かって

体育館中の生徒さんに向けて熱演中
ほうきの正しい使い方は、あまり知られていないので、つい熱が入ってしまいます。








画像はないのですが、放課後に教職員を対象にトイレ清掃についての講習をし、実際に清掃するところを見ていただきました。

 

平成25年 6月12日  山口市小学校

小学校の親子活動でお掃除教室を実施しました。

参加したのは4年生69名とその保護者。
内容は次の通りです。


拡大

お話 清掃の目的
   ほこりは怖い
   水に注意
実技 ほうきの正しい使い方
   水ふきのコツ
   そうきん絞り

はじめはお話から・・・

グループに分かれてほうきの使い方・・・

ひとりひとりに声をかけて・・・

また、保護者の方を対象に、スクイジーを使った窓そうじのコツを伝授するコーナーもあり、
参加された皆さんは興味津々。スネーク技法まで伝授し、大いに盛り上がりました。

逆光で見えにくいのですが、ガラス清掃です・・・
 

平成25年 5月  山口市中学校職場体験学習

山口市立宮野中学校から2年生の男子生徒5名が職場体験学習にやってきました。
 

詳細はこちらへ・・・

平成24年10月  山口市社会福祉協議会

お掃除教室が開催され、講師を派遣しました
 

詳細はこちらへ・・・

平成24年 6月  山口市中学校

白木床のメンテナンスについて助言を求められたので、現場を視察することにしました。
校内の各教室の様子を見せていただきました。
学校全体の教室や廊下などの様子を一通り観察し、床の黒ズミの原因は床掃除の方法であろうと推察しました。
床や壁の様子により、その箇所に最適と思われる清掃方法を提案しました。
 

平成24年 5月  山口市中学校職場体験学習

 山口市立宮野中学校から2年生5名の男子生徒が職場体験学習にやって来ました。
 

詳細はこちらへ・・・

平成24年 2月  山口市小学校

別紙資料により 掃き拭き、トイレ清掃のコツを助言しました。
構内を巡回し、教頭先生や清掃担当の先生を中心に校内の清掃方法について、質問を受けながら、より良い清掃方法を提案いたしました。
また、ガラス清掃を清掃担当教諭に体験していただきました。雑巾で拭く通常の方法との違いを実感してもらえたと思います。
今回は講義形式ではなく、現場を見ながらQ&A方式で進行しました。
今回のような、清掃担当者のコンサルタントとして助言していく形は、より学校に受け入れられやすいのではないかと感じました。

主なQAは次の通りです。

Q オープンスペース等は掃除機で除塵した後フィトルモップで拭いているが、それでいいか
A 先にフィトルモップで除塵し、モップについたゴミや埃を掃除機で吸った法が合理的

Q フィトルモップでしっかり磨かせるようにしているが
A 磨きは不要 除塵のみで良い こすり付けるようにすると却って床が黒ずむ

Q フィトルモップの手入れについて
A 洗うだけでよい オイル等をつけると黒ずみの原因になる

Q 床に黒い汚れがつくが
A ウッドデッキから上がる時に汚れがついてくるのではないか

Q トイレのそうじについて
A 蛇口等、金物は毎日拭いて光らせると効果的
A どうしても大人の手を借りないとできないところもある、そこは割り切って
A できれば水洗いした後に、から拭きして水滴をふき取る

Q 教室の吹き掃除について
A ワックスが塗ってあるのだから、除塵という考え方で。
力を入れて磨くことは不要 むしろワックスを削ってしまう

Q 自在ほうきの手入れについて
A 掃除の後 毛がきをしてごみやほこりをとる 片付けまでが掃除と意識付けること
 

平成24年 2月  山口市小学校

児童向け授業「お掃除教室」実技編を実施しました。
 内容は次の通りです。
  ・前回の内容から掃き拭きの実技指導
     男子生徒が教室 女子生徒は廊下で押さえ掃きの実技
     押さえ掃き、寄せ掃き 雑巾の絞り方(掌を上に向けて強く絞る)
     除塵を心がけた拭き掃除の指導

子供たちの感想です

拡大

 

平成24年 1月  山口市小学校

児童向け授業「お掃除教室」を実施しました。
内容は次の通りです。
    ・清掃の目的
        除塵の大切さ
    ・掃き掃除について 
        はじき掃きと押さえ掃き どちらが良い?
    ・拭き掃除について 
        拭き掃除の意外なポイント   
    ・教室のほこりを探そう
        探してビックリ


 

平成23年12月  山口市小学校

 職員研修の一環として教室や廊下のワックス作業をお手伝いしました。
 ワックス塗布前の処理やワックス塗布の実際について説明すると共に、実際の作業を通して、助言をいたしました。
  内容は次の通りです。

拡大

    説明 前処理(除塵)の重要性
       実技 ダスターモップによる除塵
          糸モップによる水拭き 








拡大

    説明と実技
       ワックスモップの使い方動かし方
       ワックスの伸ばし方